防波堤のタコ釣りのリール

防波堤のタコ釣りのリールの選び方

防波堤のタコ釣りに使用するリールですが、基本的には船で使用するリールと同じです。

 

そのため、船釣りに使うために購入したリールがあるのであれば、そちらを使ってください。

 

船釣り タコ釣り リール

 

 

リールには、大きく分けると、両軸リール(またはベイトリール)スピニングリールの2つのタイプがあります。

 

両軸リールパワーがあるので、タコと強引なやり取りができます。

 

一方のスピニングリールは、両軸リールよりパワーでは劣りますが、扱いやすさとキャストのしやすさで優れています。

 

キャストした際に、飛距離が出るのは大きなメリットです。

 

船釣り タコ釣り スピニングリール

 

 

タコ釣りは根がかりが多いです。

 

根がかりが多い釣りには、両軸リールの方が扱いやすいです。

 

スピングリールは、無理をするとすぐに壊れてしまいます。

 

もちろん、根がかりした時に直接道糸を引っ張るようにすれば問題ありませんが。

 

その際は、手袋をはめて、手を切らないように注意してください。

 

 

 

 

アマゾンでタコ釣りに使える両軸リールを調べる!

 

 

スポンサーリンク

 

 

タコジグやテンヤをチョイ投げして釣る場合、両軸リールではバックラッシュの恐れがあります。

 

慎重に投げれば、特に問題はありませんが、自信のない人はスピニングリールを使ってもよいと思います。

 

スピニングリールは、3000〜4000番がベストです。

 

 

 

アマゾンでタコ釣りに使えるスピニングリールを調べる!

 

 

両軸リールかスピニングリールかは、好みや釣り方で使い分けるとよいです。

 

あとは、必要な糸を必要な分だけ巻けるものを選びます。

 

船釣り タコ釣り 防波堤 堤防

 

 

では、巻く糸(道糸)はどうすればよいのでしょうか?

 

おすすめは、PEの3〜4号です。

 

太さについては、聞く人によって若干異なります。

 

2号でもいいという人もいれば、5号でもいいという人もいます。

 

個人的には、その間の3号か4号がベストだと考えています。

 

 

ナイロンをおすすめしないのは、根がかりした時になかなか切れないからです。

 

ナイロンは思った以上に伸びますので大変です。

 

逆に、PEはほとんど伸びませんので切りやすいです。

 

 

また、PEは伸びないので、タコが乗った時に強く合わせることができます。

 

少しくらいなら、底にへばり付いたタコを無理矢理引っ張り上げることができます。

 

このように、PEの方がナイロンよりもメリットがあります。

 

ただ、根ズレには弱いので、障害物が多いポイントでは、リーダーをセットする方がよいこともあります。

 

PEにはピンからキリがありますが、それほど高価なものは必要ないと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「船のタコ釣り仕掛け(エギ&ルアー)

ホーム