タコの生態・習性など

タコの生態・習性など

タコとは、当サイトではマダコのことです。

 

タコは非常に浅いところから、水深40mほどのところまで幅広く生息しています。

 

底が砂礫や岩礁のところに多いようです。

 

 

タコは、非常に知能が高い生物だと見られています。

 

吸盤にはセンサーのようなものが付いていて、物の形を識別することができるそうです。

 

何も考えていないように見えて、意外と賢いようです。

 

タコ釣り マダコ 

 

タコは、メスの方がオスよりも大きくなります。

 

大きいもので全長60cm、体重3.5kgぐらいになります。

 

3sを超えるようなタコは、何年もかけて大きくなっているのではと思っていましたが、そうではないのです。

 

タコの寿命は約1年です。

 

知らない人が多いのではないでしょうか?

 

 

タコは夜行性のため、日中は岩陰などに隠れています。

 

夜になると、活動し始めエサを探します。

 

タコ釣り マダコ 夜行性

 

タコは、落ちてくるものに反応します。

 

動いているもに興味を持ち、動きが止まった時に抱きつくことが多いです。

 

 

タコの生態・習性などを知った上で、タコ釣りに行くと少しは釣果がアップするかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「明石タコには絶滅の危機があった

ホーム