明石の船タコ釣り釣果(2018年8月1日)

明石の船タコ釣りの釣果(2018年8月1日)

日時 2018年8月1日 5時〜11時30分
人数 4人
ポイント 明石の二見沖
釣り方 エギ

天気

 

晴れ

 

 

0.5m

 

やや速いor緩い

 

ほとんどなし

仕掛け

タコ釣り エギ 仕掛け

竿 アルファタックル 餌木タコ 185 LTD
リール テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス スペシャル2 64BR
エギ25gと35g
リーダー フロロカーボン10号を70cm

 

今シーズン2回目のマダコ釣りです。

 

前回がイマイチだっただけに今回はリベンジしたいところです。

 

スポンサーリンク

 

 

午前5時に出船しました。

 

30分ほどでポイントに着きました。

 

エギ釣りの準備にかかりました。

 

仕掛けを投入すると、またしても潮が速かったです。

 

なかなかよい潮の日には当たりませんね。

 

もうこれが普通なのかもしれません。

 

嘆いてばかりいても仕方がありません。

 

頑張って釣るだけです。

 

 

潮が速いと仕掛けがかなり流されてしまって、非常に釣りにくいです。

 

そうかと言って、オモリを重くし過ぎるのも問題があります。

 

試しに70号でやってみましたが、すぐに流されてしまって、50号とそれほど変わりませんでした。

 

そのため、50号で釣り続けました。

 

エギでのマダコ釣りは、基本的に小刻みに竿を上下させて誘い、時折大きくシャクります。

 

仕掛けがかなり流されて釣りにくくなったタイミングで大きくシャクると、仕掛けが真下ぐらいまで寄せることができます。

 

これを繰り返すと、何とか釣りは行えます。

 

 

始めのうちは、なかなか当たりがありませんでした。

 

1時間ほどして、ようやく最初の当たりがありました。

 

最初の当たりはうれしいものです。

 

それほど大きくはありませんでしたが、1匹目のマダコを釣り上げることができました。

 

 

しばらくすると、潮が弱まっていきました。

 

チャンスです。

 

今のうちに頑張って釣りたいところです。

 

当たりも取りやすくなり、当たりが出始めました。

 

連続でのヒットもありました。

 

この日は、前回ほど大きなマダコが釣れませんでした。

 

1kgほどのマダコが1匹釣れましたが、ほとんどが小さめです。

 

リリースサイズのマダコがたくさん釣れました。

 

それほど数が釣れていない中でリリースしなければならないのは、少し辛かったです。

 

 

数時間ぐらい経つと、また潮が速くなりました。

 

こうなると、また釣りにくくなり、当たりも減りました。

 

潮だけはどうすることもできませんが、潮があまり流れていない時に釣りに行きたいですね。

 

私の釣果

 

タコ釣り エギ 仕掛け
(写真は船長にもらった分も入っています)

 

マダコ 18匹 100グラム〜1キロ

 

 

釣行写真

 

タコ釣り エギ 仕掛け

 

タコ釣り エギ 仕掛け

 

タコ釣り エギ 仕掛け

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「明石の船タコ釣り釣果(2018年7月3日)

ホーム