タコスッテの釣り方

タコスッテの釣り方

タコスッテの釣り方は、基本的にはタコエギとほとんど同じです。

 

スッテの場合は、自然にふわふわと動くので、少し誘いを入れた後、しばらく当たりを待ちます。

 

シャクリを入れるなど、少し積極的に誘っても構いません。

 

 

まず、仕掛けを底まで沈めます。

 

糸ふけを取ります。

 

タコは底にいますので、底からオモリが跳ねないように、シャクリを入れます。

 

オモリを立てたり、寝かせたりするイメージです。

 

その後、しばらく当たりを待ちます。

 

当たりがなければ、またシャクリを入れます。

 

この繰り返しです。

 

タコエギの釣り方と人気の仕掛け」を参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

仕掛けを軽く投げて釣ることも可能です。

 

この場合、シャクリを入れて待っても当たりがなければ、仕掛けをゆっくりと巻いてズル引きできます。

 

そして、またシャクリを入れて誘います。

 

そうすることで、真下に沈めるよりも広範囲に探ることができます。

 

乗合船では、他の釣り人の迷惑になりますので、気を付けてください。

 

 

当たりがなければ、スッテのカラーやシャクリの速さ、間隔、待つ時間などを変えてみてください。

 

とにかく思いつく限り、何でもやってみることが大切です。

 

周りで釣っている人の仕掛けや釣り方を参考にするとよいです。

 

どれだけ早くヒットパターンなどを掴めるかで、釣果が大きく変わってきます。

 

タコスッテ

 

やや重みを感じれば、タコが乗ってきています。

 

この場合、少し糸を送り出し、数秒待ってから、力強く合わせてください。

 

そうすることで、完全にタコがスッテに掛かります。

 

タコが乗れば、ズッシリとした重みが感じられます。

 

後は、ポンピングはせずに、一定のテンションで巻き上げるだけです。

 

大きいタコの場合、竿で引き抜かず、手でラインを持って引き抜いてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「船・防波堤のエギ&ルアーでのタコの釣り方(コツ)

ホーム