タコ釣りの根がかりの外し方

タコ釣りの根がかりの外し方

防波堤で、タコをテンヤやルアーで狙うと、根がかりすることが多いです。

 

足元に沈めるだけなら、それほど根がかりはしません。

 

しかし、少し沖の方を狙って、テンヤやルアーをキャストすると、根がかりの確率が上がってしまいます。

 

 

では、根がかりしてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

 

もっともやってはいけないのが、そのままの場所で思いっきり竿を立てて、無理矢理力任せに外そうとすることです。

 

このようなことをすれば、最悪竿が折れてしまいます。

 

 

船釣りでは、場所を移動することは難しいですが、防波堤では移動は可能です。

 

もちろん、船自体の移動は可能ですが。

 

防波堤でのタコ釣りは、当たりがないと、防波堤を移動するのが基本です。

 

根がかりした時は、進んできた方に戻ってから引っ張るようにします。

 

こうすることで、外れる可能性が上がります。

 

とは言っても、絶対に外れるわけではありません。

 

タコ釣り 根がかり 

 

 

どうしても外れない場合は、どうすればよいのでしょうか?

 

その場合は、竿と道糸を一直線にして、そのまま手前に引っ張ります。

 

運がよければ、うまく外れます。

 

しかし、仕掛けが切れてしまって、テンヤをロストしてしまうことが多いです。

 

こうしないと、どうすることもできませんので、一か八かでやるしかありません。

 

必ず、竿と道糸を一直線にする必要があります。

 

間違っても、竿を立てて無理矢理引き上げようとはしないでください。

 

竿がは破損してしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タコの締め方

ホーム