防波堤のタコ釣りの竿(ロッド・タックル)

防波堤のタコ釣りの竿(ロッド・タックル)

防波堤と言っても、船で使うタコ釣り用の竿とほとんど同じです。

 

船のタコ釣り用の竿を使っても構いません。

 

船釣り タコ釣り 竿 ロッド タックル

 

 

船釣り用の竿の選び方とほとんど同じですが、もう1度簡単に説明しておきます。

 

基本的には、すでに持っている竿の中で、使えそうなものがあるのであれば利用するとよいです。

 

 

長さは2〜3mぐらいの、短くて先調子の竿が理想的です。

 

短いと誘いやすいので、非常に釣りやすいです。

 

それに、タコジグとは違って、テンヤはある程度の重み(15〜40号)があります。

 

パワーがない竿では厳しいです。

 

そのため、柔らかい竿は控えましょう。

 

柔らかいと誘いがかかりませんし、タコが乗った時に大きく合わせられません。

 

 

条件を満たす、ジギングロッドや投げ竿、船竿(50号以上)などがあれば、1番いいですね。

 

もちろん、タコ釣り用の竿でもOKです。

 

スポンサーリンク

 

 

もし購入するのなら、まずはタコ釣り用の竿を見てみましょう。

 

タコ釣り用に作られた竿なので、もちろんタコ釣りが最適に行えるようになっています。

 

よいものがなければ、ジギングロッドがおすすめです。

 

ジギングロッドは、比較的硬めの竿ですので、タコ釣りに向いています。

 

あるいは、50号の青物狙い用の竿がよいです。

 

船の青物用の竿は、棒のようにビンビンで硬いです。

 

こちらも、タコ釣りに向いていると言えます。

 

 

あとは、好みで選んでください。

 

できるだけ安いものでいいと思います。

 

 

こだわりのある人は、タコ釣り用にも高価な竿が販売されています。

 

その中から購入してもよいと思います。

 

 

 

 

 

 

アマゾンでその他のタコ釣り用のロッドを調べる!

 

 

ここまででご紹介してきたのは、パワータイプの竿です。

 

タコジグやタコテンヤで使用できるものです。

 

船釣り タコ釣り 防波堤 堤防

 

 

最近では、タコをエギなどのルアーで狙って釣る方法が人気となってきました。

 

細いPEを使うなど、ライトな仕掛けでタコを釣ります。

 

そのため、パワータイプの竿より、少し柔らかめの竿が使われるようになりました。

 

こういった釣り方に適した竿は、「タコ釣り ルアー(エギ)による防波堤での釣り仕掛け」を参照!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「防波堤のタコ釣りのリールの選び方

ホーム