船タコ釣りのエサと付け方

明石の船タコ釣りのエサと付け方

どのようなエサをテンヤに付けるのがよいのでしょうか?

 

タコ釣りのエサとしては、アジやイワシ、サンマ、豚の脂、手羽先、カニなどがよく使われます。

 

明石の乗合船では、エサを用意してくれるところが結構あります。

 

すべてを調べたわけではありませんが、私が知っている範囲では、アジやイワシ、手羽先が多いようです。

 

タコ釣り 船 エサ アジ イワシ

 

 

イワシなどは、生より塩漬けや干物の方がよいという話もあります。

 

生は、身が柔らかいので、あまり長持ちしません。

 

その点、塩漬けや干物は、身が固いので長持ちします。

 

スポンサーリンク

 

 

中、上級者は、豚の脂を好んで使うようです。

 

イワシと豚の脂、アジと鳥の皮など2種類のエサを同時に使うという方法もあります。

 

 

エサは、魚系と鶏肉系を1種類ずつ用意しておくのが理想的です。

 

実際にやってみて、よく乗る方を使えばよいのです。

 

最悪、釣り船で用意されるエサだけでも、特に問題ありません。

 

船釣り タコ釣り 乗合船

 

 

エサをしっかりとテンヤに取り付けることも重要です。

 

緩すぎると、エサが動いてしまい、当たりがわかりにくかったり、エサを取られる可能性があります。

 

手羽先やカニなどは、テンヤに付いているワイヤーをエサにしっかりと巻き付けてください。

 

 

イワシなどの魚を取り付ける際は、頭や尻尾はやや強く巻き、お腹の部分は軽く巻いてください。

 

あまり強いと、ワイヤーがイワシなどに食い込んでしまって、エサをダメにしてしまいます。

 

魚を何匹も取り付けたり、針の近くの方へ取り付けると、針にかかりにくくなります。

 

 

このような感じで付けています。

 

タコ釣り 船 エサ 手羽先

 

 

しっかりとエサが取り付けられていれば、手羽先なら1日、イワシでも何回か使えます。

 

早く釣りたいのはわかりますが、エサの取り付けは慎重に行ってください。

 

取り付け方が原因で、釣れなかったということのないように。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タコスッテの釣り方

ホーム