タコエギの釣り方

タコエギの釣り方

まず、オモリを底まで沈めます。

 

その後、糸ふけを取ります。

 

誘い方には、ちょっとしたコツがあります。

 

基本は、「オモリを寝かす」「オモリを立てる」の繰り返しです。

 

竿を上下にシャクって軽く誘いかけます。

 

オモリが底から離れないように誘うことが重要です。

 

 

このような誘いをかけると、エギは次のような動きを取ります。

 

タコエギ 誘い 
        タコ釣り
タコエギ 誘い
        タコ釣り
タコエギ 誘い 
        タコ釣り
タコエギ 誘い

 

オモリを寝かすことによって、エギの頭は下を向いた状態になり、オモリを立てることによって、エギの頭が浮き上がります。

 

軽く誘いをかけると、エギがゆらゆらと揺れるように動きます。

 

これが、タコには大きなアピールとなるのです。

 

 

軽く誘うだけでなく、激しくシャクるのも効果的です。

 

この場合も、もちろんオモリは底から離れないようにします。

 

どのような誘いがよいのかは、日によって異なります。

 

そのため、いろいろと試してみることが大切です。

 

 

エギを沈めて誘ってもまったく当たりがなければ、1度仕掛けを回収して再び落とし込むとよいです。

 

タコは落ちてくるものに興味を示します。

 

そのため、仕掛けを入れ直すことで、タコにアピールすることができます。

 

 

さらに、エギを交換するとよいです。

 

エギのカラーは非常に重要です。

 

カラーによって、タコの反応がまったく異なることが多いです。

 

その日のヒットカラーを早く見つけるようにします。

 

 

当たりがあれば、基本的には竿を立てて合わせるとよいです。

 

うまく乗らない場合は、誘いをかけながら数秒ほど待ちます。

 

どちらの場合も、しっかり抱かせてから大きく合わせます。

 

こうすることで、しっかりとフッキングさせることができ、バレにくくなります。

 

 

なお、リールのドラグは必ず強めに締めておいてください。

 

しっかりと締めておかないと、ドラグが滑ってバレてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

 

タコエギ釣りの人気の仕掛け

今までは、エギを1個しか付けませんでした。

 

しかし、現在はエギの2個付けが人気になっています。

 

テレビの釣り番組でも、よく見かけます。

 

タコ釣り タコエギ
        (イメージ)

 

メリットはいくつか挙げられます。

  • エギが2個付いているので、アピール力がアップします。
  • 同時に2個のエギを使えるので、その日のヒットカラーを見つけやすいです。
  • さまざまなバリエーションが楽しめます。(エギ2個、エギ+スッテ、スッテ2個など)
  • 2個のエギが付いているので、バレにくくなります。

 

人気が出るのも頷けます。

 

もうやるしかないですね。

 

 

仕掛けを準備する時には、専用のスイベルを使うとよいです。

 

本当に簡単です。

 

船タコツインスイベル

 

サイズ

入り数

強度

重さ

S

2

18kg

2.1g

M

3.3g

L

4.4g

(メーカーHPより)

 


HARIMITSU(ハリミツ) 船タコツインスイベル M E-37

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「船タコ釣りのテンヤでの釣り方(コツ)

ホーム