タコスッテの仕掛け

タコスッテの仕掛け

タコエギではなく、タコスッテというものでもタコが釣れます。

 

スッテというだけあって、イカ釣り用のスッテに似ています。

 

下の仕掛け図のスッテは、いろいろ付いていて派手ですが、イカ釣りのスッテのように何も付いていないものもあります。

 

 

スッテを使うと、さまざまなメリットがあります。

 

エギは、竿を動かすことで誘いを入れて釣りますが、スッテはまったく異なります。

 

スッテは、自らふわふわと動いて誘ってくれるので、それほど意識的に誘いを入れなくてもよいです。

 

そのため、テクニックを必要としません。

 

 

スッテは、基本的に全方向にフックが付いて、針の数が多いです。

 

そのため、どの方向からタコが抱きついてきても、フッキングする可能性が高くなります。

 

しかも、針がたくさん付ているので、何カ所も針掛かりします。

 

そのため、バラすおそれが減ります。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

タコジグ

 

タコエギの2個付け仕掛けとほとんど同じです。

 

PEをサルカンに直結し、サルカンにスッテ2個とオモリを付けるだけです。

 

2個付けるのは、タコへのアピール度を上げるためと、バラシ防止のためです。

 

 

竿やリール、糸は、タコジグやテンヤで使用するものと同じで構いません。

 

詳しくは、「タコ釣りの竿(ロッド・タックル)船用の選び方」「船用のタコ釣りリールと糸(PE)の選び方」を参照!

 

 

タコスッテは、直結でつないでもよいし、リーダーを使っても構いません。

 

リーダーはあまり長すぎない方が、当たりが取りやすく、釣りやすいです。

 

また、キラキラテープは付けない方が一般的かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

船タコスッテのおすすめは?

 

デュエル ヨーヅリの「タコやん船スッテ」

 

シルエットが小さく、ふわふわ動くので、タコに大きくアピールすることができます。

 

非常にフッキングしやすいです。

 

スッテにエサを付けて使うこともできます。

 

フラッシング系のカラーで強力にアピールすることが可能です。

 

最近、大注目のスッテです。

 

 

 

マルシン漁具の「船タコスッテ」

 

よく売れているタコスッテです。

 

パワーティンセルが装備され、タコへのアピール度がアップしました。

 

赤、ピンク、ケイムラ、シルバーの4色があるので、その日の状況によってさまざまな組み合わせがチョイスできます。

 

非常にリーズナブルなのもうれしいですね。

 

 

 

ハヤブサの「マダコ用 パルパルスッテBIG」

 

注目の新アイテムです。

 

実績のあるパール玉と、針掛かりに優れるスッテ形状が融合しました。

 

つやつや光るパール玉と誘惑ラバースカートの効果で、タコに強烈にアピールできます。

 

スッテは2個入りで、「レッド&ホワイト/イエロー&ピンク」「ホワイト&夜光/イエロー」「レッド&オレンジ/ピンク」の種類が出ています。

 

試してみる価値はありそうです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「タコ釣り用のキラキラテープ

ホーム