イイダコ釣りの仕掛け(竿など)と釣り方〜おかっぱり

イイダコ釣りの仕掛け(竿など)と釣り方〜おかっぱり

イイダコ釣りのおかっぱりでの仕掛けをご紹介しています。

 

おかっぱりからのイイダコ釣りは大人気です。

 

実績のある釣り場では多くの人が、イイダコ釣りを楽しんでいます。

 

 

イイダコ釣りの仕掛け

イイダコ釣りの仕掛けは、次のとおりです。

 

イイダコ釣り 仕掛け

 

竿は、エギングロッドやバスロッド、シーバスロッド、投げ竿などが使われます。

 

イイダコ専用の竿はないと思われますので、こういった竿を代用するとよいです。

 

長さは2mほどで、穂先が柔らかいものを選びます。

 

硬いと当たりが取れません。

 

 

 

 

リールは、スピニングリールの2000〜3000番を使います。

 

 

 

ラインにはPEの1号前後を、リーダーにはフロロカーボンの2〜3号(1m)をおすすめします。

 

現在は、テンヤよりもエギやスッテタイプのものがよく使われます。

 

カラーはたくさんありますが、エギやスッテの頭部分が赤系のものが定番です。

 

エギは、専用のものが出ています。

 

安い小型のエギでも釣れます。

 

いろいろと準備しておくとよいです。

 

 

5〜10号のオモリを使います。

 

 

イイダコの釣り方

イイダコのおかっぱりからの釣り方についてご紹介しています。

 

堤防でも砂浜でも、まずキャストします。

 

着底後は、“ゆっくり巻いては止める”を繰り返すだけでよいです。

 

イイダコが乗ると重みを感じます。

 

あとは緩めないようにして巻いてくるだけです。

 

 

根がかかりが多い場所では、巻かずにその場でシェイキングします。

 

乗らなければ、エギを浮かせながら巻いて再度シェイキングします。

 

 

何回かキャストして釣れなければ、投げる方向を変えたり、場所を変えます。

 

同じ場所で粘るより、ダメならすぐに場所を変えた方がよいです。

 

エギやスッテのカラーや巻く速さ・距離を変えるのも効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 イイダコ釣りの仕掛け(竿など)と釣り方〜船 」

ホーム