イイダコ釣りの仕掛け(竿など)と釣り方〜おかっぱり

イイダコ釣りの仕掛け(竿など)と釣り方〜おかっぱり

イイダコ釣りのおかっぱりでの仕掛けをご紹介しています。

 

おかっぱりからのイイダコ釣りは大人気です。

 

実績のある釣り場では多くの人が、イイダコ釣りを楽しんでいます。

 

 

イイダコ釣りの仕掛け

イイダコ釣りの仕掛けは、次のとおりです。

 

イイダコ釣り 仕掛け

 

竿は、エギングロッドやバスロッド、シーバスロッド、投げ竿などが使われます。

 

イイダコ専用の竿はあまり種類がないので、こういった竿を代用するとよいです。

 

長さは2mほどで、穂先が柔らかいものを選びます。

 

硬いと当たりが取れません。

 

 

 

 

リールは、スピニングリールの2000〜3000番を使います。

 

 

 

ラインにはPEの1号前後を、リーダーにはフロロカーボンの2〜3号(1m)をおすすめします。

 

現在は、テンヤよりもエギやスッテタイプのものがよく使われます。

 

カラーはたくさんありますが、エギやスッテの頭部分が赤系のものが定番です。

 

エギは、専用のものが出ています。

 

安い小型のエギでも釣れます。

 

いろいろと準備しておくとよいです。

 

 

5〜10号のオモリを使います。

 

 

イイダコの釣り方

イイダコのおかっぱりからの釣り方についてご紹介しています。

 

堤防でも砂浜でも、まずキャストします。

 

着底後、基本的にはゆっくり巻いては止めるを繰り返すだけでよいです。

 

仕掛けを引いてくる時は、底の状況を把握しながら引きます。

 

引いてくると、急に重く感じる場所があります。

 

こういった場所は、カケアガリなどの斜面である確率が高いです。

 

イイダコは、カケアガリなどにいるため、このような場所は念入りに探るようにします。

 

 

乗りが悪い時は、速く巻き過ぎていないかを確認します。

 

仕掛けが流れるスピードが速すぎてもダメです。

 

このような場合は、少し重めのオモリを使います。

 

ただ、オモリにも重すぎると誘いにくくなったり、当たりがわからなくなるので注意が必要です。

 

うまく調整します。

 

 

根がかかりが多い場所では、巻かずにその場でシェイクします。

 

乗らなければ、エギを浮かせながら巻いて再度シェイクします。

 

 

何回かキャストして釣れなければ、投げる方向を変えたり、場所を変えます。

 

同じ場所で粘るより、ダメならすぐに場所を変えた方がよいです。

 

エギやスッテのカラーや巻く速さ・距離を変えるのも効果的です。

 

 

イイダコが乗ると重みを感じます。

 

緩めないようにして巻いてくるだけです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「 イイダコ釣りの仕掛け(竿など)と釣り方〜船 」

ホーム