【オクトパッシング】タコ釣り ルアー(エギ)による防波堤での釣り仕掛け

【オクトパッシング】タコ釣り ルアー(エギ)による防波堤での釣り仕掛け

ルアー(エギ)による、防波堤でのタコ釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

ルアー釣り人気がどんどん高まっています。

 

タコ釣りも、例外ではありません。

 

 

エギを使ったタコ釣りの仕掛けは、次のとおりです。

 

タコ釣り エギ仕掛け

 

タコ釣り エギ仕掛け

 

仕掛けはどちらでもよいですが、根がかりしにくいダウンショット(下の仕掛け)をおすすめします。

 

仕掛けのタイプは同じでも、使う竿やリール、道糸、リーダーなどがまったく異なる仕掛けがあります。

 

タコをパワーでねじ伏せるタイプの仕掛けと、繊細な釣りを楽しむライトタイプの仕掛けです。

 

前者が従来からあるタイプの仕掛けで、少し太めの道糸を使ってガチンコでやり取りするというものです。

 

 

<パワータイプの仕掛け>

 

竿は、マダコ専用のものを使います。

 

他に、ロックフィッシュ用のロッド硬めのバスロッドでもOKです。

 

マダコ専用の竿はパワーがあるので、強引に巻き上げることができます。

 

リールは、両軸リール(小・中型)でも、スピニングリール(3000番前後)でも構いません。

 

PEは、4〜5号を使います。

 

リーダーは、フロロカーボンの10号、1m付けます。

 

 

防波堤のタコ釣りの竿(ロッド・タックル)」で紹介している竿は、パワータイプのものです。

 

 

<ライトタイプの仕掛け>

 

竿はエギングロッド(MH〜H)、シーバスロッド(M〜MH)、ライトショアジギングロッド(ML〜M)がおすすめです。

 

2〜3mぐらいの長さが使いやすいです。

 

リールは、スピニングリール(3000番前後)でも両軸リール(小・中型)でもよいです。

 

岸壁の際を狙うのなら、両軸リールの方が釣りやすいです。

 

PEは、0.8〜1.5号を使います。

 

リーダーは、フロロカーボンの5〜8号、1m付けます。

 

 

 

両方を比べると、仕掛けの大きさがまったく異なります。

 

特に、ライトタイプの仕掛けのPEの細さに驚く人もいるでしょう。

 

細いですが、無理をしなければ、これでも釣り上げることは可能です。

 

PEが細い分、飛距離が出やすいです。

 

それに、細かな誘いもできます。

 

 

どちらのタイプがよいとは、一概には言えません。

 

狙うタコの大きさやキャストで狙うポイントの距離、エギの重さなどを考慮して決めるとよいです。

 

 

ライトタイプの仕掛けには、次のようなロッドがおすすめです。

 

 

 

Amazonでエギングロッドを調べる!

 

 

エギについては、共通です。

 

おすすめのエギは、次のとおりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次へ 「タコエギの釣り方

ホーム