タコ釣りのリールの選び方!

船のタコ釣りに使用するリールは、特に定めはありません。

 

一定の条件を満たせば、どのようなリールでも構いません。

 

 

リールは、あまり大き過ぎない方がよいです。

 

竿同様、重いものは釣りをしていると疲れます。

 

糸巻き量とリールの大きさは、だいたい比例しますので、あまり考える必要はないかもしれませんが。

 

手に持ってみて、使いやすそうなものを選んでください。

 

 

リールは、ベイトリールがおすすめです。

 

スピニングリールでも、問題はありません。

 

個人的には、ベイトリールの方が使いやすいと感じています。

 

 

船のタコ釣りで遠投することはなく、近くに軽く投げる程度です。

 

それなら、ベイトリールの方がよいですね。

 

バックラッシュしてしまうことがありますので、初心者の方は注意しなければなりませんが。

 

乗合船に行くと、ほとんどの人がベイトリールです。

 

スピニングリールを使っている人を見たことがありません。

 

たまたまかもしれませんが。

 

タコ釣り 船 ベイトリール

 

スポンサーリンク

 

 

リールの機能についてですが、タコは底で釣りますので、カウンターも必要ありません。

 

特に、必要な機能はありませんので、シンプルなリールで十分です。

 

 

タコ釣り用のリールを釣具店に見に行くと、PE8号50m付きのベイトリールで5,000円ほどします。

 

結構高いです。

 

タコ釣り用にこだわる必要はありません。

 

ご紹介した条件を満たす、リールを購入すればよいと思います。

 

 

私は、釣具店で3,000円のリールを購入しました。

 

これが、私がタコ釣りのために購入した最初のリールです。

 

タコ釣り用のリールではありません。

 

PE4号を巻きたかったので、PEが付いていない安いリールを探しました。

 

購入したリールがこちらです。

 

タコ釣り 船 両軸リール

 

 

シンプルで何の機能も付いていません。

 

これで十分です。

 

ただし、最低限釣ることができるという意味でです。

 

 

ここまでの感想や意見は、タコ釣りを始めた時のものです。

 

本格的にやればやるほどよいものが欲しくなりました。

 

現在は、下でご紹介しているタコ釣り用のリールを購入しました。

 

最低限の釣具で楽しみたいのなら上のようなリールでよいですが、よりタコ釣りを楽しみたいのなら下のようなリールがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

タコ釣りのリールでおすすめは?

 

上で述べましたように、ある程度の糸巻量・大きさのリールであれば、どのようなものでも構いません。

 

とは言っても、タコ釣りを本格的に行いたい人は、タコ釣りに最適なリールを使った方がよいです。

 

エギで誘って釣るような場合は、特にそのように感じます。

 

大き過ぎると非常に釣りにくいですからね。

 

 

ここでは、今人気のおすすめのリールをご紹介します。

 

参考にしてみてください。

 

 

テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス SPII

 

こちらは私が現在愛用している、もっともおすすめのリールです。

 

タコ釣り専用のリールです。

 

PE3号(200m)が最初から巻いてあるので、すぐに釣りに持っていくことができます。

 

何回か釣りに使っていますが、ラインが切れるなどのトラブルは発生していません。

 

パワーノブが標準装備になっているので、非常に握りやすいです。

 

そのため、ガンガン巻き上げられます。

 

ノブが小さいと握りにくいだけでなく、巻きにくいので使い勝手が悪いです。

 

その点、このリールは使いやすいです。

 

タコ専用のリールをお探しの人にはぴったりだと思います。

 

テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス SPII

 

テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス SPII

 

タコ釣り リールI

 

 

 

最後まで「テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス」と迷ったのが、アブガルシアの 「OCEANFIELD BGです。

 

実際に手に持って巻いてみて、非常に釣りやすそうに感じました。

 

 

 

最近では、ダイワの「フネ XT 150Pが気になります。

 

高負荷でもパワフルに巻き上げることができるので、タコ釣りにぴったりです。

 

PEの2号なら200m、3号なら130m巻けるのもよいですね。

 

 

 

他にも、次のようなリールがあります。

 

スパルタン TW

 

安定した巻き上げ、高速仕掛けの落下などが可能なリールです。

 

高い剛性でタコのパワーに負けません。

 

大型のタコが乗っても大丈夫です。

 

遠心ブレーキが搭載されているため、キャスティングしやすいです。

 

釣り雑誌などでイチオシになっていることもあります。

 

 

 

ダイナスター250

 

パワー、頑丈さ重視のベイトリールです。

 

 

 

ヴァデル ベイジギング 100SH

 

軽量でですが、高負荷でもパワフルな巻き上げが可能です。

 

 

 

タナセンサー300

 

比較的サイズが大きいので、非常に巻き上げやすいです。

 

カウンター付きです。

 

 

 

ソルティーワンPG

 

ソルト用の小型リールでありながら、力強くスムーズな巻上げができます。

 

 

 

攻蛸II NC-800

 

レベルワインドを外し、耐久性を高めたリールです。

 

PE8号が50m付属しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「タコ釣りのラインの号数(太さ)は?

ホーム