防波堤のタコ釣りのリールの選び方

防波堤のタコ釣りに使用するリールですが、基本的には船で使用するリールと同じです。

 

そのため、船釣りに使うために購入したリールがあるのであれば、そちらを使ってください。

 

船釣り タコ釣り リール

 

 

リールには、大きく分けると、ベイトリール(または両軸リール)スピニングリールの2つのタイプがあります。

 

ベイトリールパワーがあるので、タコと強引なやり取りができます。

 

一方のスピニングリールは、ベイトリールよりパワーでは劣りますが、扱いやすさとキャストのしやすさで優れています。

 

キャストした際に、飛距離が出るのは大きなメリットです。

 

 

ベイトリールかスピニングリールかは、好みや釣り方で使い分けるとよいです。

 

あとは、必要なラインを必要な分だけ巻けるものを選びます。

 

船釣り タコ釣り スピニングリール

 

 

タコ釣りは根がかりが多いです。

 

根がかりが多い釣りには、ベイトリールの方が扱いやすいです。

 

スピングリールは、無理をするとすぐに壊れてしまいます。

 

もちろん、根がかりした時に直接ラインを引っ張るようにすれば問題ありませんが。

 

その際は、手袋をはめて、手を切らないように注意してください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

タコジグやテンヤをチョイ投げして釣る場合、ベイトリールではバックラッシュの恐れがあります。

 

慎重に投げれば、特に問題はありませんが、自信のない人はスピニングリールを使ってもよいと思います。

 

スピニングリールは、3000〜4000番がベストです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「船のタコ釣り仕掛け(エギ&ルアー)

ホーム